FC2ブログ
[HOME]

昨日は父の日

昨日は父の日、いつものドラ息子話でも、、

父の日という事で通っている幼稚園でも

父親参観がありました。家のデジカメが

壊れたままなので写真も撮ることもできず

手ぶらで参観してきましたが、ビデオも

カメラも持ってないのはどうやら僕ぐらい・・・。

超高性脳カメラで撮り、心のアルバムにしまうのさ

ということです。

今年は親子でタッグを組んでの椅子取りゲームがあり

15組位の親子で限られたパイを奪い合うという

現在の学校では中々エキサイティングなゲームでした^^

近頃は、順番をつけるのを避け徒競走や騎馬戦などを

行わない学校もあるという風潮の中でここの幼稚園は

良い教育をしてくれていると思います。

社会にでれば、競争、勝ち負け、闘いなんてのは当たり前

で仲良しこよしでは生き残っていけないのが現実なのに

教育現場は何やってんだか??とホントに思います。

さて、火蓋が切られた椅子取りゲーム、ルールは子供を

ダッコしながらという過酷なもので、ズッシリと年長の

重みをかみ締め耐えながら先生のピアノの音が消えた瞬間、

「ストン」と空いてる椅子へ^^。

これが何故か毎回僕らの真後ろの椅子が空いてるんですわ

息子に「パパ、椅子取りゲームの天才じゃん」と言わしめた

実力で次々と相手がいなくなり、とうとう最後の2組に残った

のです!。いよいよ決勝戦、「さあーここまできたら優勝やね」

と思い相手を見ると、「お、お、お母さんやん・・・」

父親ではなく、か細い腕で一生懸命息子をダッコしながら最後

までの残った母と子、、「ここでガチンコでいって勝ったら、

けっこうなドン引き優勝じゃないか?」という思いが頭をもたげ

、まあここはやはり相手に華をもたせてあげるのがジェントルメン

かなと思いつつ息子の顔を覗き込むと、勝つ気満々の横顔がそこに・・・。

かくして決勝戦がスタート、スローリーにスローリーに円をまわり、

「シュンクン頑張ってー!」という声援もあり複雑な気持ちでいると

ノーマークで音が止まり、ふっと空いてる椅子を見たら照れくさそうに

椅子に座る母子の姿が、、僕も照れ笑いを浮かべながら「これで良かった

んだ、っていうかマジでやっても負けてたよな」と自分を納得させたんですが

唯一納得していない人が・・・。負け惜しみ半分でジェントルマンの

心意気を説明したものの、「本気でやらなかったら○○くんだって嬉しくないよ」

などと、こんな勝ち方は相手も望んでない的な発言をしビックリさせられました。

勝負事が好きなのか嫌いなのか、親でも未だに量りかねるところですが、

何とか父親の面目躍如の父の日でした^^

コメント

プロフィール

Fellows5

Author:Fellows5
フェローズ☆オンラインストア
スタッフブログへようこそ!
【WEBサイト】
https://www.fellows5.co.jp/

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
count
検索フォーム
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる